医療保険見直しは必要

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

若い独身の頃は、自分の体に無頓着で、健康のことを考える事もあまりしなかった。それなりに病気もせず、健康に暮らしてきたものだから余計に健康には無関心だった。だから医療保険にも入っていなかった。自分に医療保険は必要無いと思っていたからだ。しかし、年々年を重ねるにつれ、身体は言う事をきかなっくなってくる。過信していた自分の体力も落ちて来る。まわりの同年代たちの中には、病気になって入院を余儀なくされた、という人の話もちらほら聞こえてくる。そんな時、力強い味方が医療保険だ。

私は、いろんな会社の資料を取り寄せ、自分に合った医療保険を探すことにした。独身の頃ならあまり何も考えずに入ってしまったかもしれないが、今は愛する妻と子どもたちがいる。何が今の自分にとって必要な保障なのかをよくよく調べて見極める必要がある。医療保険の種類は本当に多く、年々良い商品が出てきている為、目移りしてしまいそうだが、冷静な目で見て判断しなくてはいけない。何十年もかけ続けるものなので、出来るだけ良い医療保険に入りたいと思う。

自分の医療保険だけでなく、妻や子どもの万が一に備えても医療保険にそれぞれ加入してもらった方がいいだろう。病気やけがをした時に、高額の治療代がかかることがあるのを考えれば、安心を買うためにも入っておいた方が良いと思う。実際、自分の身近な人も、怪我や病気などをした時に医療保険に入っておいて本当に良かった、助かった、と言っていたのを聞いてやはり入っておくべきだと改めて感じた。家族のためにも入っておくべきだと思う。

This entry was posted in 見直し. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Both comments and trackbacks are currently closed.