自分の体のもしものための医療保険

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

私は、保険のメカニズムなど、苦手で、どこの保険会社がよいのか、どの保険プランがよいのかなど、よくわからず、医療保険にも入っていました。私は、最近、医療保険に入っていて、本当によかったと思いました。今まで、医療保険なんて、ほとんど使うことはないけれど、一応、万が一の時のために、何かあったときを考えて加入していましたが、まさか、医療保険を使う日が来るとは、夢にも思っては、いませんでした。ところが、その、万が一の時が、私に訪れたのです。

その、万が一の時は、突然、やってきました。私は、昨年の秋に、第一子となる女の子の赤ちゃんを出産しました。赤ちゃんの分娩には、まったくトラブルにみまわれることは、なかったのですが、分娩時の激しい痛みで、ひどい痔になってしまったのです。産後しばらく、様子を見ていましたが、多少はよくなったものの、劇的には改善せず、結局、産後半年を目処に、痔の手術をすることになりました。痔の手術はというのは、小手術に区分されます。

保険会社に問い合わせてみると、痔の手術のような、小手術においても、医療保険は出るらしく、一日の決まった定額掛ける日数分が、医療保険で出るそうなのです。私は、当初に予定していた入院日数よりも、手術後の術創の回復や、全身状態が悪く、退院が延期されることが重なり、かなり、長期間入院することになりました。そのため、医療保険がおりて、本当によかったと思いました。万が一の時のために、やはり、医療保険は加入しておくべきです。

This entry was posted in 医療保険. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Both comments and trackbacks are currently closed.